東京會舘さんの気合いに負けました

雑記ABR
【中出し生セックス】感じやすいスタイル抜群セラピストと楽しんだ! 中目黒
今回のセラピストの総合評価! 【総評】5 スタイル抜群で巨乳です。 しかも、感じやすいし、性格も良い完璧なセラ…
【ゴム有りセックス】驚くほどの美人セラピストを味わった! 新宿
今回のセラピストの総合評価! 【総評】5 完璧なスタイルの美人セラピストとのセックスを一度は体験してみてくださ…
【外出し生セックス】見た目よりもエロい反応の女性とセックス! 新宿
今回のセラピストの総合評価! 【総評】5 見た目は大人しい感じでロリっぽさもありますが、エロさは凄いです。 最…

東京會舘さんの気合いに負けました

【ゴム有りセックス】感じまくる可愛いセラピストと楽しみました! 新宿
今回のセラピストの総合評価! 【総評】5 スレンダースタイルと、可愛いお顔が魅力の女性と最後はセックスできたの…
【ゴム有りセックス】乳首が弱点で反応が強烈な女性が可愛かった! 中目黒
今回のセラピストの総合評価! 【総評】5 乳首がとても感じやすいようで、攻めていると興奮しまくって、最後はゴム…
【外出し生セックス】簡単に挿入できたセラピストと楽しんだ! 新宿
今回のセラピストの総合評価! 【総評】5 若い美女に挿入できるのがメンズエステの魅力ですね。 こちらの倍くらい…

あはは~もう、この頃(19世紀末)のヨーロッパのオリエンタリズム満載のストーリーですね(^_^;)細かいところにツッコミを入れ始めるとキリがありませんが、あらすじでバラモン教となっているのはヒンドゥー教のことのようです。元々ヒンドゥー教はバラモン教(紀元10世紀ごろには消滅)から派生していますし、司祭のことをバラモンと呼ぶので混合したのでしょうか。とにかく、このオペラに登場する神様はブラフマー、ドゥルガー、シヴァ、ヴィシュヌ、ガネーシャなどのヒンドゥー教の神々で、特にブラフマー(ヒンドゥー教の最高神、三神一体の内の宇宙創造を司る神)は最高神として、ガネーシャ(象の頭を持つ財産の神)はニラカンタの僧院の主神として、ドゥルガー(10本の手を持つ戦闘女神、ライオンに乗っている)は街で催行されるお祭りの主神として何度も登場します。これから東京公演を見に行かれる方はバラモン教とヒンドゥー教の関係と、大英帝国統治下のインドについて少し知識を入れておくと良いかもしれません。オペラの中のバラモン教(笑)は実際のヒンドゥー教とは微妙に違っていますが、そういう基礎知識があるとないとでは楽しめる要素がかなり違ってくると思います。

当時バンドは、初の東京ドーム公演成功させ、シングル「DESIRE」「END OF SORROW」と 立て続けにオリコン1位を獲得。バンドとして、頂点を極めたといわれていた時期。

国産牛リブロースのローストビーフ、ヨークシャープディング添えいやー、さすがにでかいでしょ、これ。東京會舘さんの気合いに負けました。

東京會舘伝統のオマール海老のテリーヌまさに、これぞテリーヌというお味でした。

◇Wikipediaのヒンドゥー教とヒンドゥー教の神の項はとても便利です。◇東京グランドクラシックスの名古屋公演のサイトと東京公演のサイトでは、演出や歌手の解説や舞台写真と動画も見られます。

ABR下段

コメント

タイトルとURLをコピーしました